読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポータル自作日誌

自作ポータルとか自作ニュースサイトをコツコツ作るプログラマの作業記録

iCloud ストレージの使用容量がもう少しで上限に達します。 とメールが来てて、不快だったところに、 颯爽とgoogle photosが登場

iCloudからのメール

iCloud ストレージの使用容量がもう少しで上限に達します。

などと、appleからメールが来る。

数日に一度のペースでメールが来る。 データの減らし方が不明なので、メールは止まらない。

忙しいので、無視していたのですが、 数日に一度くるとか、メールがあまり来ないぼくからすると、 気持ち悪い。

iCloudの容量を減らす

写真をいつくか消せばいいのかと、 どうも調べると、バックアップを止めるか、 課金するしかないらしいのです。

iCloudの課金

課金は、20GBで、毎月100円らしいです。 現状5GBか。

たぶんipod touch買ってから、5年ぐらいで、 一年1GBぐらいか。 いや、最近動画とかとって一年1GBは甘い見積もりかもしれない。

次の課金は200GBで400円毎月だから、これでいいんだけど、めんどくさいよね。

Google Photos

というところに、Google Photosが登場。

なにやら無料でアップロードし放題らしい。

Google Photosのセキュリティ上の懸案

なんだか写真が流出しないか、気になるけど、 それはicloudでも同様の心配はある。

しかし、icloudから、連日メールが来るのは耐えられないし、 写真流出の危険性はあっても、google photosを使うってのが よさそう。

断捨離できず、無料ならアップロードしてしまえという根性

写真が、端末から、サーバーにコピーされていく。 これはある意味2重管理で、人生が複雑になっている。 端末にだけ写真はあればよいけど、 そして、どうせ写真なんて見る機会もほとんどないけど、 なんだかバックアップしたくなる。無料ならね。ケチだから。

というわけで、写真なんて、過去の栄光なんて、 全部消えてもいいと思いながら、断捨離できず、 google photosを使うぼくなのです。