ポータル自作日誌

自作ポータルとか自作ニュースサイトをコツコツ作るプログラマの作業記録

Lineというライトウェイトなコミュニケーションで揺るぎない地位を確立したツール

友がLineをやっている

Line ID教えて、友がいう。

メールとLine、2つあると、通信手段が2つになり、スマホであれ、PCであれ、Macであれ、2つのアプリを立ち上げる必要がある。

煩雑であるため、Lineアカウントは削除した(んだっけ?アプリを削除しただけかもしれない)。Lineとメール、どちらを使うか問われれば、メールだ。AmazonGoogletwitterなどの通知はメールに来る。Lineではできないだろう。

友にはLineはやっていない、と何度も言っている。覚えないというのは、ぼくは友に軽視されているということだろう。

なぜLineをするのか?

ぼくはしないが、友はなぜLineしているのだろうか?

思い当たるのは、合コン等で知り合った女子と通信しているのではないか。あるいは、旅先で出会って、Line ID教えて、とかのたまっているのではないか。

勝手な邪推かもしない。

やばい

家にかえると妻がLineしていた。友達と。

不明なアカウントから、いかがわしいメッセージも来るらしい。妻とはメールで連絡しあう。

女子にLineは圧倒的な支持なのかもしれない。 メッセージにタイトルが不要ゆえに、ライトウェイトな手段として良いのかもしれない。つまり、気軽。 ライトウェーイトなわけである。

妻よ、メールとLine切り替えはめんどくさくないか? ぼくを捨てないでね。